田口教育研究所
  お問い合わせ
  045-560-3721
 

ウニの受精実験   
 カエル・イモリの実験材料も提供します

 入試によく出る!植物茎断面プレパラート販売始ました!!
生きた個体で「受精」の実験!

   受精は一つの卵子と一匹の精子の出会いで始まります。
   夏の気温ですと受精後40分で第一分裂がゆっくり、上下から始めます。
   その後30分ぐらいずつで分裂を続けて4細胞・8細胞・16細胞へと細胞数が増えていきます。
   一晩経つと孵化をして、その後時間が経つとプリズム幼生⇒プルテウス幼生という、宇宙船のような形で海水中を泳ぎます。
   これらの実物を眼前で体験することは大きな経験として生徒たちに残り、科学に興味を持つ子どもを増やしていくでしょう。

料金

セット内容

 1セット 6,480円(税込、送料別)  3日間は12~16℃保存で受精可能(野菜室など)

 ●雌雄のペアー3組(実際は8~10個体)
 ●放卵・放精用1/2モルKCl

 
成熟度に個体差があり放精・放卵が上手くいかない事があります。予めご了承下さい(補償対象)
 到着日について:必ず実験の前日までに受け取れる様に申込みして下さい
 実験当日では授業の時間までに受け取れない事があります


 ↓ こちらからマニュアル印刷できます ↓
         
別売品    人工海水(PH8.0) 10リットル分
540円
受精卵を洗浄、飼育するのに必要です
海水または人工海水をご用意できる方は必要ありません
変態用エサ+培養液セット
 4,320円
 
4腕プルテウス~変態させるまでに必要なエサです
エサが無くても受精後4腕プルテウスまでは成長します
※培養しなくてもエサとしての使用も可
ただし冷蔵庫保存で3週間ぐらいしかもちません。
  30回転モーター+プロペラ軸セット 画像     4,320円   酸素供給と同調させる為のモーターです
 抗生物質 3ml
540円 
採卵後の未受精卵を約3日保存することができます
50倍海水希釈
  採卵・受精用チューブ 50ml  画像
1本 108円
放卵に使用したり、抗生物質で卵を保存するのに
大変便利です。(マニュアル写真1のチューブです)
受付時期  バフンウニ     1月上旬~4月中旬
 ムラサキウニ   6月中旬~8月下旬
 
到着希望日  火曜日~土曜日で要相談(発送は、月曜日~金曜日になります)
 ※ウニの採取が満月、新月直後なので、その頃のウニが採取直後をお送りできます
送料  バフンウニは756円~
 ムラサキウニはクール便になりますので972円~ (地域によって異なります)
支払い方法  実験材料と一緒に請求書等を同送しております 到着後お振込をお願いします
お申込み  申込書に必要事項をご記入の上FAXして下さい
    FAX:045-563-5782
        
    教育機関用       販売業者用

                                                                通信販売法に基づく表示

頭のとがった精子のスメア法固定 未受精卵
左は成熟卵・右は未成熟で卵核胞あり
受精後、約3分で精子が入った部位より
受精膜が上がり始める
受精後、約90分で2細胞期 受精後、約150分で4細胞期 受精後、約210分で8細胞期
16細胞期 
小割球・大割球・中割球に分かれている
約10~12時間後
動物極側からふ化する
原腸カン入期
高速回転(100回以上/分)をしながら移動する
     
骨辺 小割球よりつくられる  4腕プルテウスの正面像 
海水中では逆三角形で遊泳している 
4腕プルテウス先端の骨
先端の骨は結合せず二股にわかれる
キートセラスを与えて 約6週間で8腕プルテウスに   そしてトゲと管足をだして稚ウニへ変態
 
Copyright (c)1998-2017 田口教育研究所 All Rights Reserved.